本文へスキップ

花粉症の漢方薬  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症のお薬 > 花粉症の漢方薬

花粉症の漢方薬 花粉症のお薬


花粉症の漢方薬

効き目が穏やかで、体質改善にも役立つといわれる漢方薬。

「奥が深い」「敷居が高い」イメージでしたが、最近では処方してくれる病院も増えてきました。

市販品も数多くみられ、花粉症治療のひとつの選択肢として確立した感があります。


使い始める前に・・・注意事項
漢方薬=天然由来なので、持病があっても妊娠していても大丈夫!と思っていませんか?

確かに、漢方薬は自然成分で、調剤も副作用が起きにくいようにしているものが多いですが、その成分の特徴により、他の薬と同じように禁忌があります。

例えば、麻黄湯という漢方薬は、喉の症状を和らげるのに使われますが、交感神経を刺激するので心臓疾患、高血圧には注意が必要です。

発汗を促し、体力を消耗する場合があるので、妊娠中の使用も勧められません。

漢方薬は、必ず専門家に相談し、自己判断で使用することのないようにしてください。


花粉症に使われる漢方薬とは
漢方は、その症状から、身体が冷えているのか熱を帯びているのか、水分代謝が正常に行われているのかなど、体質的な原因に働きかけようとするものです。

比較的ポピュラーで、ドラッグストアでも買うことができる「小青竜湯」という漢方薬があります。

各製薬会社からも商品化されているので、花粉症の漢方代表のようになっています。

身体が冷え、水状の鼻汁が出ているタイプの風邪に効くとされる漢方で、同様の症状の花粉症にも用いられるようになりました。

注意点としては、エフェドリン含有の麻黄という成分が含まれているので、高血圧・心臓疾患・循環器系の疾患、消化器系の疾患などがある場合は、使用が困難です。

また、高齢者や虚弱体質、多汗体質の人にも向きません。

このような方には、同じような作用を持つ漢方で、麻黄を含まない「苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)」がおすすめです。

7種の生薬の1文字ずつをとって、この名前が付いています。

「味」は五味子、「辛」は細辛という生薬からで、これらにはアレルギー症状を緩和する作用があります。

いずれも、使用にあたっては医師や薬剤師に相談し、他の薬や漢方などとの飲みあわせにも留意してください。

PR




【関連記事】


→ 花粉症の処方薬
→ 市販薬の選び方
→ 薬を服用する時の注意点