本文へスキップ

食品から取りにくいトマトのポリフェノール  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症対策 〜サプリ編〜 > 食品から取りにくいトマトのポリフェノール

食品から取りにくいトマトのポリフェノール 花粉症対策


食品から取りにくいトマトのポリフェノール

「ナリンゲニンカルコン」という、なかなか覚えられそうにない名前の成分は、トマトに含まれるポリフェノールの一種です。

アレルギー反応によるヒスタミンの放出を抑え、花粉症の症状を緩和する働きを持つことが研究で明らかになっています。


生のトマトは花粉症には不向き
「花粉症にはトマトが良い」という情報を見ると、積極的にトマトをメニューに追加したくなりますが、実は生のトマトで花粉症が悪化してしまう人もいるのです。

正確に言うと、花粉症の人がトマトを食べることによって、喉の奥にかゆみを感じたり腫れを生じたりする「口腔アレルギー症候群」を引き起こしてしまう可能性が大きい、ということになります。

特にスギ花粉症患者は、生のトマトでこのアレルギーを発症しやすいということがわかっています。

加熱や加工を施したトマトでは、この症状は起きることはありません。


トマトの有効成分を効率よく吸収しよう
そもそも「ナリンゲニンカルコン」というポリフェノールは、普段食卓に載るようなトマトを生で食しても、さほど摂取することができません。

トマトジュースやトマトケチャップなどの加工品に使われるトマトの、皮の部分に多く含まれます。

口腔アレルギー症候群併発の心配もありますし、花粉症対策としてトマトを摂るならば、生トマト<トマトジュース・トマトケチャップということになります。

トマトリコピンも手軽に採れて、抗酸化作用が大いに期待できます。魚のトマトヨーグルトソース煮のようなメニューに応用してもいいですね。

とはいえ、トマトは意外と大人でも好き嫌いの分かれる食品で、トマトジュースは大の苦手と言う人も結構いますよね。

トマトポリフェノールに特化したサプリメントも、最近少しずつ種類が増えてきました。

キッコーマンからは、「トマトのちから」というサプリメントが発売されています。

4粒に加工用トマト10〜20個分のトマトポリフェノールを含むので、簡単に摂取することができます。

PR




【関連記事】


→ 花粉症の強い味方!ポリフェノール
→ 花粉症に強いビタミン
→ ミツバチが集めたサプリメント