本文へスキップ

花粉症には「先回り」が効果的  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症対策はまずセルフケアから > 花粉症には「先回り」が効果的

花粉症には「先回り」が効果的 花粉症対策 セルフケア


花粉症には「先回り」が効果的

毎年、花粉症の症状が出始めてから、慌ててマスクをかけたり薬を服用したりしていませんか?

花粉症の症状を軽めに抑えるためには、シーズン前からの、早め早めの対応が効果的です。

花粉に効くといわれるサプリや食品も、シーズン前から、できれば年間を通して取り入れていた方が、はっきりとした効果が現れやすいのです。


花粉症に効く食品は、こうやって摂ろう
「べにふうき」というお茶は、アレルギー症状を改善する効果を持つメチル化カテキンが多く含まれているということで注目されています。

外出前に飲むと良いと言われるぐらいの即効性があるのですが、花粉症のシーズンより数ヶ月前から飲み始めていると、更に効果が上がります。

純度の高いココアを毎日飲み続けていたところ、次の花粉症シーズンは嘘のように楽だったという人も。

また、食べるワクチンとも言われるヨーグルトも、花粉が飛ぶ季節だけ思い出したように食べたのでは、望ましい効果はみられません。

乳酸菌は生きているので死滅もします。

ヨーグルトを毎日、長期にわたって食べ続けることで、腸内に常に元気な乳酸菌がいる環境を保てるのです。


花粉症の薬はいつから始めればいい?
抗アレルギー内服薬は、飲み始めて2週間程度で最大の効果を発揮するため、花粉の飛び始める2〜4週間前から服用すると効果的であるとされます。

ただし、抗ヒスタミン剤やステロイドなどは効き目が強く即効性がある分、副作用も強いので長期の服用には向きません。

抗アレルギー点眼薬も即効性に欠けるため、花粉が飛び始める少なくとも2週間前からの予防的な点眼が効果的です。


唯一の根治治療「減感作療法」は2年以上を要することも
体内に少しずつ原因花粉の成分を入れ、徐々に増やして行く方法なので、非常に時間がかかります。

まずアレルギー症状が出ている時に、アレルゲンを特定する検査をし、そのシーズンが終わった頃から、来々シーズン頃での改善を目指して治療を始めます。

もし減感作療法を取り入れるのであれば、花粉症かな、と思ったら、できるだけ早く検査を受け、シーズンを重ねる前に治療を始めることをおすすめします。

PR




【関連記事】


→ 毎日の習慣から大きな効果が
→ 基本は対症療法、体質改善、予防
→ 花粉症になりやすいのはこんな人