本文へスキップ

目の症状、鼻の症状  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > なぜ起こる?花粉症のこんな症状 > 目の症状、鼻の症状

目の症状、鼻の症状 なぜ起こる?花粉症のこんな症状


目の症状、鼻の症状

花粉症は、スギをはじめとする花粉により引き起こされるアレルギー疾患で、T型アレルギーと呼ばれる即時型アレルギーに分類されます。

鼻と目の粘膜に花粉が付着しやすいので、その症状も鼻と目に集中しています。


目の症状 〜アレルギー性結膜炎〜
最も代表的な目の症状は、しつこいかゆみです。

花粉症患者の9割以上が目のかゆみを訴えていると言われています。

上下のまぶたの裏側から、白目の表面まで全体をおおっている透明の膜を「結膜」といい、これにアレルゲンとなる花粉が付着してアレルギー性の結膜炎を起こすために、かゆみが起こります。

かゆみの他にも、異物感や痛み、涙目、目やに、充血などの症状が出ることがあります。

これらは、アレルギーによる場合と、こすったり掻いたり又は症状が悪化したりして目の周囲や結膜を傷つけ、更なる炎症を起こしている場合があります。

アレルギー性結膜炎は、ひどくなると結膜に傷を残し、視力低下にもつながることがあります。

今は、ゴーグル状の眼鏡もおしゃれなデザインのものが増えていますから、こういったグッズを上手く利用してできるだけ花粉の侵入を防ぎ、症状を悪化させないよう予防に努めましょう。


鼻の症状 〜アレルギー性鼻炎〜
花粉によって起こるアレルギー性鼻炎の3大症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりです。

花粉が鼻の粘膜に付着しアレルギー反応を起こすと、体内で「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」といった化学伝達物質が放出され、これらの症状を引き起こします。

くしゃみは、鼻の粘膜で感知した異物を排出しようとする反応ですので、普通なら1、2回で目的を果たします。

しかし花粉症の場合は、ヒスタミンが知覚神経を刺激し続けているので、何回もくしゃみを連発することになります。

同じようにヒスタミンによる刺激が分泌中枢に伝わり続けることで、鼻水がとめどもなく流れ出ます。

また、ロイコトリエンという物質は、血管を拡張させる働きを持ちます。

鼻の血管が広がり粘膜が腫れるので、鼻づまりが起きるのです。

PR




【関連記事】


→ 頭痛、ふらつき…こんな症状も
→ 慢性化させないために気をつける
→ 花粉症で生理不順!?