本文へスキップ

花粉症とコーヒー  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症にいいの?悪いの? > 花粉症とコーヒー

花粉症とコーヒー 花粉症にいいの?悪いの?


花粉症とコーヒー

一昔前、コーヒーはカフェインの中毒性が取りざたされたり、胃腸を荒らすなどと言われ、嗜好品の中でも悪者扱いでした。

しかし近年では研究も進み、心身の健康に及ぼす良い影響のほうが著しいとされている、毀誉褒貶の激しい食品です。

対花粉症の面でも、積極的に摂取したほうが良いとする説、避けるべきとする説と二分されます。


カフェインの刺激は害になるか
確かに、カフェインに限らずですが、刺激物に弱い体質の人というのは存在します。

粘膜が影響を受けやすく、アレルギー反応を誘発してしまうのです。

また、花粉症用の点鼻薬などには無水カフェインが配合されているものがありますので、過剰摂取を懸念するむきもあります。

花粉症の人がコーヒーを飲む場合は、コーヒーそのものの影響よりも砂糖やミルクの入れ過ぎに留意するべきかもしれません。

砂糖や乳脂肪の摂り過ぎは万病の元。

カラダを酸性化させ、炎症の起こりやすい体質へと導いてしまいます。

学者の中には、砂糖こそが体内のヒスタミンレベルを上げる、アレルギー体質の大敵とする意見もあります。


温かいコーヒーをブラックで
このような理由で、花粉症の人には、缶コーヒーのような砂糖たっぷりの飲料は向かないようです。

しかし、コーヒーのカフェインには、血流を良くして呼吸器症状を和らげたり、春先のボーっとする頭をスッキリさせたりする効果が期待できます。

また、コーヒーにもポリフェノールが含まれているのをご存知でしょうか。

クロロゲン酸という、タンニンに似た成分です。

他のポリフェノール同様、抗酸化作用や炎症を鎮める作用を持ちます。

最近は、ダイエットの分野でもこの成分が注目されているようですね。

コーヒーの香りには、アロマ的な効果も。

コーヒーから抽出したオイルは、アロマテラピーでも使用されます。

緊張を和らげ、精神を安定させる作用があり、淹れたてのコーヒーの香りでも同様の効果を得ることができます。

これらの効果が、実際にどこまで花粉症の症状を緩和するのかは、研究結果があるわけではないので不明ですが、コーヒー好きな方はあまり我慢せずに、ミルクや砂糖を入れないブラックコーヒーを楽しんではいかがでしょうか。

身体を冷やすのは免疫機能を低下させるので、花粉症的にはNGです。

温かいコーヒーで、リラックスタイムを。

PR




【関連記事】


→ 花粉症とアルコール
→ 花粉症とチョコレート
→ 風邪じゃないのに葛根湯が効く?