本文へスキップ

花粉症を克服した人たちの共通項とは  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症にいいの?悪いの? > 花粉症を克服した人たちの共通項とは

花粉症を克服した人たちの共通項とは花粉症にいいの?悪いの?


花粉症を克服した人たちの共通項とは

あなたの身近に、花粉症を完全に克服したという人はいますか?

周囲には、新たに花粉症を発症する人が増えるばかりで、治ったと言う人をあまり見かけないような気もします。

しかし、少数ながら花粉症を克服した人たちの体験談を見ると、ある共通項があることがわかってきました。


生活環境が変わった人
転職や転居などで、これまでとは生活環境が一変した人に、花粉症症状がまったく出なくなった、と言う人が多いのです。

都市部での花粉症患者の割合は、他の地域と比べて数倍にものぼり、花粉症の発症には、花粉量だけではなく大気汚染や道路の舗装、住環境が大きく関わっているとされます。

また、自律神経のバランスと密接な関係がある花粉症は、ストレスによっても症状が大きく左右されます。

転職や転居により、それまでの強いストレスから解放された影響が、花粉症克服につながっているのかもしれません。


食事を変えた人・食事の量を減らした人
他の病気の治療のための食事療法を行ったところ、花粉症が改善してしまったという話をよく聞きます。

人により、何を断った(減らした)ことが理由であるかは異なるかと思いますが、多いのは「1日2食にした」「砂糖を減らした」「油を減らした」「動物性タンパク質を減らした」「加工品を減らし、添加物を避けるようにした」などの体験談です。

現代の日本人の食事は、成人病の面からも見直しが必要とされていますが、花粉症などアレルギー疾患の増加原因の一端となっていることは間違いありません。


腹式呼吸をとりいれた人
花粉症の克服体験談を見ると「腹式呼吸」というキーワードが目につきます。

花粉症の人は、鼻が詰まって常に口呼吸になっていることが多く、さらなる悪影響を与えています。

異物が鼻というフィルターを通さずにダイレクトに体内に入るばかりではなく、乾燥しやすく気管の免疫機能を低下させます。

腹式呼吸を意識することで、自然と鼻呼吸中心になりますし、内臓の働きが活性化されることや自律神経の調整が、花粉症の改善にも作用しているのかもしれません。

PR




【関連記事】


→ 子供の花粉症・大人の花粉症
→ 花粉症から併発しやすい病気
→ 花粉の季節のランニング