本文へスキップ

それ、本当に花粉症ですか?  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症基礎知識 > それ、本当に花粉症ですか?

それ、本当に花粉症ですか? 花粉症基礎知識


それ、本当に花粉症ですか?

鼻がムズムズする、くしゃみや鼻水が止まらない…。

人口の3割が発症しているという花粉症ですから、こんな症状が出たら自分もいよいよ、と思ってしまいますよね。

しかし、花粉症とまぎらわしい症状の病気は数多くあります。

病気を正しく知るために、きちんと受診し、必要であれば検査を受け、適切な治療を心がけてください。


風邪
花粉症のシーズンと流行が重なることもあり、主に鼻の症状を花粉症と自己判断してしまいがちです。

風邪の鼻症状も、花粉症に使う抗ヒスタミン薬で治まることはありますが、その他の症状には効果がありません。


花粉症以外のアレルギー性鼻炎
ハウスダストやダニなどによるアレルギー性鼻炎は、花粉症の鼻症状と酷似しています。

花粉症よりは軽微ですがかゆみも伴います。

異なる点は、花粉症はシーズン性であるのに対し、通年性であるという点です。


血管運動性鼻炎 
こちらも花粉症の鼻症状と酷似していますが、アレルギー症状ではなく、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて非常に過敏になり、少しの刺激にも反応して鼻炎症状が出てしまうものです。

薬で対応するよりも、規則正しい生活を送り、ストレスを避け、室内環境管理(温度や湿度、空気清浄など)をすることが必要となります。


結膜炎
目が充血してかゆみを生じる結膜炎は、原因が多岐にわたります。

アレルギー性結膜炎は、花粉症の症状の一つでもありますし、ハウスダストやダニ、ペットの毛などでも起こります。

アレルギー性結膜炎の中に「春季カタル」というものがあり、これは小中学生に多く見られる重症の結膜炎です。

春から夏にかけての発症例が多いことや、アトピー性皮膚炎患者などアレルギー体質の人がかかりやすく、目のかゆみや充血が見られることから、単なる花粉症の目症状と考えてしまいがちですが、次第に症状が強くなり、上まぶたの裏側に粒状の大きな腫れができたり、角膜が濁ったり、痛みで目が開けられなくなったりします。

重症化すると角膜に傷が付いて視力低下を起こすこともあります。

プールなどで感染するウィルス性の結膜炎は、目やにや痛み、腫れなどの症状が強く出ますが、強烈なかゆみを伴うこともあります。

感染力が強く、使用する点眼薬もアレルギー性結膜炎とは全く異なります。

PR




【関連記事】


→ どうして花粉症になるの?
→ スギだけじゃない、原因花粉
→ 「花粉症は根治しない」は本当?