本文へスキップ

「花粉症は根治しない」は本当?  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症基礎知識 > 「花粉症は根治しない」は本当?

「花粉症は根治しない」は本当? 花粉症基礎知識


「花粉症は根治しない」は本当?

現在、花粉症の改善策として主に行われているのは、目・鼻などの症状を和らげる「対症療法」と、アレルギー反応を起こしにくくする身体を作るための「体質改善」、そしてアレルゲンと接しない、または自律神経を正常に保つための「生活習慣の見直し」が挙げられます。

しかし、これらの方法では根治は困難で、実際に花粉症を根治させたという患者さんはごく少数です。


どうなれば花粉症は根治したといえるのか
現時点の医療では、花粉症を根治させる方法はまだ確立されておらず、いわば可能性に賭けている状態です。

何をもって「根治」と呼ぶのか、他の病気と比べても定義が難しいところです。

というのも、花粉症をはじめとするアレルギー性疾患は、治療を続けている間は症状が出なくなっていても、治療を中止して時間が経過すると再発するということが非常に多いからなのです。

また、複数の花粉に対するアレルギーであったり、その他にハウスダストや食品アレルギーなどを併発しているケースが多いのも問題です。

仮に一つの抗原に対するアレルギーが解消されたとしても、他の抗原に接触して症状が出続けていれば、根治したとは言い難いのではないでしょうか。

花粉症の症状が、治療を中止しても数年にわたって再発しない根治状態への道のりは、まだ少々遠いようです。


『減感作療法』への期待と問題点
それでは、花粉症の根治療法はないのかというと、現時点では唯一、『減感作療法』による根治が期待できます。

体内にアレルゲンを少しずつ入れて抵抗力をつけ、過敏に反応しないようにしていくものです。

予防接種と同じようなイメージですが、最初はごく微量から始め、徐々に増やしていく必要があるので、週に1〜2回の通院を2年以上は続けなくてはならず、また痛みの強い注射を使うので、根気と我慢が強いられていました。

最近注目されている『舌下減感作療法』は、これらの問題点をクリアにした期待の根治治療です。

舌下にパンの小片を置いて花粉のエキスを浸み込ませ、2分後にパンごと飲み込んでしまうという方法で、痛みもなく、患者の負担が大いに軽減され、しかも自宅で行うことができます。

しかし、まだこの治療を行っている医療機関は少なく、試験的な側面があることは否めません。

これまでの注射による減感作療法でも、稀に強い副作用やアナフィラキシーショックを起こした例があり、細心の注意が必要となります。

PR




【関連記事】


→ 花粉症になりやすいのはこんな人
→ スギだけじゃない、原因花粉
→ それ、本当に花粉症ですか?