本文へスキップ

「スギ花粉症」と、その他の原因花粉  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症基礎知識 > 「スギ花粉症」と、その他の原因花粉

「スギ花粉症」と、その他の原因花粉 花粉症基礎知識


「スギ花粉症」と、その他の原因花粉

春が近づくと、黄色い花粉をたっぷりたくわえたスギの映像を使ったCMが、これでもかと流されます。

しかし、花粉症の原因植物はスギだけではなく、中にはタンポポやハルジョオンのような草花など、花粉症のイメージとはかなりかけ離れた植物の花粉による発症も、多数報告されています。

ピーマン、トマト、ブドウ、ミカン、リンゴ、ナシ、イチゴなどの果物や野菜、ユリ、バラ、コスモス、ナデシコなどの花を扱う農家では、これらの花粉による発症が多く見られます。


こうしてスギの花粉症は急増した
戦後、日本では木材の需要が急増しました。

そこで、天然林を伐採して、早生樹種であるスギなどを大量に植えるという政策がとられました。

しかし、1960年代に入り木材の輸入が自由化され、国内の木材の価格は下落し続けました。

本来、スギの木はまっすぐに育てるために最初はギュウギュウに密集させて植え、育ってきたら間隔をあけるために間伐(間引き)をするものですが、木材の価格の急落で大打撃を受けた日本の多くの林業家は、間伐をはじめとする手入れを行わず、伐採そのものも減り、造林したスギ林を放置しました。

それが現在に至ります。

時期を同じくして日本の都市化が進み、アスファルトやコンクリートの土地が増えたため、地面に落ちた花粉が土に返らず風に乗って再び空中を舞うようになったことも、スギ花粉症急増の大きな原因と考えられています。


決して「季節はずれ」ではない秋の花粉症
春前から梅雨入りの頃まで、随分と長い期間スギ花粉に苦しめられていると思い込んでいる患者さんは多いのではないでしょうか。

しかし、スギ花粉の飛散は2月から4月頃までなのです。

実は、スギ花粉症の方は約7割が「ヒノキ」の花粉症を併発しているといわれ、そのためヒノキ花粉の飛散が終わる入梅の頃まで、連続してアレルギー症状を起こしていると思われます。

さらに秋口になって、なんだか鼻がむずがゆい、花粉の季節でもないのに…。という経験はありませんか。

症状が軽ければ、やり過ごしてしまうこともありますが、秋も立派な『花粉症の季節』なのです。

スギやヒノキのような背の高い植物に代わって、夏はイネ科のカモガヤ、秋にはキク科のブタクサやヨモギなどの花粉が飛散します。

特にブタクサやヨモギはどこにでも生え繁殖力がとても強い植物で、花粉が広範囲に存在するので、注意が必要です。

PR




【関連記事】


→ 花粉症になりやすいのはこんな人
→ 「花粉症は根治しない」は本当?
→ それ、本当に花粉症ですか?