本文へスキップ

どうして花粉症になるの?  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症基礎知識 > どうして花粉症になるの?

どうして花粉症になるの? 花粉症基礎知識


どうして花粉症になるの?

花粉症は、体内に侵入してきた花粉に含まれる物質に反応し、これを排出しようとして起きる、「抗原抗体反応」の一種です。

では、それがなぜアレルギーとして自分の身体に悪さをするようになるのでしょうか。


去年までは大丈夫だったのに…。ある日突然、花粉症になる理由
花粉は空中を飛散し、人間の目・鼻・口から体内に侵入します。

これは、花粉の多い年も少ない年も、毎年毎年繰り返されます。

そして、花粉から粘膜に溶け出す「異種タンパク質(=人間にとって異種なタンパク質)」を体内で異物と認識して、抗体が作られます。

抗体には何種類かありますが、その中の「IgE抗体」がアレルギー反応を引き起こす抗体で、これが花粉症の原因でもあります。

抗体というものは、一度作られればもう必要ないはずなのですが、このIgE抗体に関しては、生成を抑える遺伝子を持たない人がいます。

この遺伝子がないと、花粉が侵入するたびに、どんどんIgE抗体を作り出してしまうのです。

アレルギー反応は、この抗体が「ある一定量」を超えた後、再び抗原である花粉と触れた時に起こります。

この限界量は人によってまちまちです。

更に、蓄積によるものなのでいつ限界を超えるかもわかりません。大人になったからもう大丈夫、とは限らないのです。


IgE抗体はこうやって花粉症症状をひきおこす
IgE抗体が増え続け限界量を超えた時に、体内では何が起きるのでしょうか。

この抗体は、肥満細胞(細胞の名称であり、実際の身体の肥満とは何の関係もありません)と呼ばれる細胞と結びつきやすい性質を持っています。

肥満細胞は、特に気道や鼻の粘膜に多く存在し、自身の中に化学伝達物質を持っています。

この細胞と結合したIgE抗体がある一定の限界量を超えたところに、更に花粉が侵入してきた時、新たな抗原抗体反応を起こし、肥満細胞内に存在する化学伝達物質である「ヒスタミン」「ロイコトリエン」などが放出されます。

ヒスタミンは知覚神経を刺激して、かゆみを引き起こす物質です。

また、三叉神経末端を刺激して、くしゃみや大量の鼻水の分泌の原因となります。

ロイコトリエンは血管を拡張させる作用を持ち、それが粘膜の腫れにつながります。

鼻づまりや目の充血などの症状は、この物質の影響で現れているのです。

PR




【関連記事】


→ 花粉症とは
→ 花粉症になりやすいのはこんな人
→ それ、本当に花粉症ですか?