本文へスキップ

花粉症とは  花粉症情報サイト!つらい花粉症を改善させるお手伝い

                          トップ > 花粉症基礎知識 > 花粉症とは

花粉症とは 花粉症基礎知識


花粉症とは

国民の10人に1人が花粉症、と聞いて驚いたのも今は昔、現在では既に3割近くの人が花粉症の症状を有すると言われています。

『国民病』と呼ばれるのも納得ですね。

日本では、1960年代に初めて花粉症として確認され、1980年代前半に爆発的に増加しました。

春先に発症する「スギ」花粉によるものが8割を占めますが、日本で最初に報告されたのは「ブタクサ」による花粉症でした。

現在では、原因花粉は「イネ」「カモガヤ」「ヨモギ」をはじめとして、意外なところでは「サクラ」や「ウメ」、「ユリ」など60種を超えており、季節を問わず年間を通して花粉症を発症し得る環境にあるといえます。


身体を守る「免疫」と、害を及ぼす「アレルギー」の関係
花粉症とは、植物の花粉に含まれる物質をアレルゲン(抗原)として発症するアレルギー性疾患の総称です。

生物の体内に異物が侵入した時、体内ではそれを排除するための物質(抗体)が作られます。

予防接種で少量のウィルスを体内に注入するのはこのためで、同じ異物が再び進入しようとすると、この抗体が反応し身体を守るために働きます。

この反応を「免疫」といいますが、同じメカニズムで抗体を作り、身体に害のある反応を引き起こすのが「アレルギー」です。

花粉という異物を外敵とみなして攻撃し、かゆみや刺激のもとになる物質を放出してしまうのが、花粉アレルギー=花粉症なのです。


花粉症の特徴は4大症状
花粉症で最も顕著に見られるのは、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみの4大症状です。

どれか1つが強く出ることもありますし、複合的な症状になることも少なくありません。

この他に、口が渇く、咳、喉のかゆみ・痛み、頭痛、発疹などの症状や、発熱、倦怠感といった全身症状を引き起こす場合もあります。

初期症状は風邪と間違えることもありますが、風邪では目の症状がほとんどないことと、花粉症の鼻症状は重く長引くことで違いがわかります。

くしゃみは数回では治まらず、時には一日中繰り返したり、水のような鼻水がとめどなく流れ続けたり、両方の鼻の穴ががっちりと詰まってしまったりと、症状が著しいのが花粉症の特徴です。

そのため、心身疲労や睡眠不足といった二次的な症状が、多くの患者を苦しめています。

PR




【関連記事】


→ どうして花粉症になるの?
→ 花粉症になりやすいのはこんな人
→ 花粉症になりやすいのはこんな人